HOME > ギフトサービス > ギフトマナーQ&A

ギフトサービス

ギフトマナーについて

ギフトを贈る際に気をつけたいことやマナーについてご紹介します。

ギフトを贈る時期は

お歳暮

お歳暮は、日頃お世話になっている方へ一年の感謝の気持ちをこめて贈物をする習慣です。
季節感が重視されるので、贈る時期は12月初旬から12月20日位が一般的ですが、最近では11月中旬から贈る人も増えており、選ぶ商品によっては12月末にお贈りすることもあります。

【表書き】
・11/中旬〜12/末:「お歳暮」
・元旦〜1/7(松の内):「お年賀」
・2/4頃(立春)まで:「寒中見舞い」

お中元

お中元は、日頃お世話になっている方へ半年間の感謝の気持ちをこめて贈物をする習慣です。最近は、6月から贈りはじめる人もいますが、一般的には7月初旬から15日頃です。また、お盆を旧暦で行なう西日本では、1か月遅れの8月初旬から15日の間に贈る地域もあります。

【表書き】
・6/11頃(梅雨入り)〜 7/15頃 :「お中元」
・7/15頃〜8/7頃(立秋):「暑中お伺」「暑中お見舞い」
・8/7頃(立秋)〜:「残暑お伺」「残暑お見舞い」
ただし、関西地方では8/15までは「お中元」それ以降は「残暑お伺」になります。

出産祝い 出産祝いは必ず、無事の出産を聞いてから贈りましょう。生後1週間からお宮参り(生後1か月から遅くとも2か月位)までにお届けするのがマナーです。赤ちゃんへのプレゼントは生後半年から1年の間に使えるものが人気。また、金額の相場は、友人・知人は5千〜1万円、親戚の場合は1〜2万円程度が目安です。
結婚祝い 結婚祝いは挙式の1週間前までに贈るようにしましょう。披露宴や2次会に出席する場合にも当日渡すと荷物となるために事前に贈るのがマナーです。「切れる」「割れる」ものはお祝いに向かないといわれていますが、相手が希望するのであればOK、最近では、陶器やグラスも人気です。またお祝いの数は、「4・9」は避けて奇数(ただし、ペアのものは1組と考える)が基本です。

のしの選び方や贈るときのマナーは?

のしの種類

水引の主な結び方には「結びきり」と「花結び」があります。
「結びきり」は二度とあってはならない結婚祝い、弔事、病気見舞い、災害見舞いなどに使います。
「花結び」は何度あってもいい一般的な御祝事に使います。
また弔事の場合は黒白の結びきりを用います。

※ 基本的に「内のし」とさせていただきます。ご希望がある場合は別途ご連絡ください。

用途別
のし表書き一覧
<おめでたい時>
用途 見本 水引 のし上 のし下
結婚式の引出物 結びきり 寿 右:新郎
左:新婦
結婚お祝いのお返しその他お返し 結びきり 内祝 ご両家又はお二人のお名前を併記する
結婚のお祝い 結びきり 寿 送り主が連名の場合
右が目上の方
病気全快祝 結びきり 快気祝 姓または姓名
<一般的なお祝い事>
用途 見本 水引 のし上 のし下
出産のお祝い 花結び 御出産祝 送り主が連名の場合、右が目上の方
一般的なお祝い 花結び 御祝 送り主が連名の場合、右が目上の方
出産のお祝いの
お返し
花結び 内祝 子供の名を入れる。
ルビをふることも可能。
一般的なお礼 花結び 御礼 姓または姓名
<二度とあっては欲しくないこと>
用途 見本 水引 のし上 のし下
香典返し、法事の引出物
※宗教を問わずご利用頂ける一般的なのし
黒白
結びきり
香典返しの場合:喪家の姓を入れます。
法要引き出物の場合:施主名
  • ラッピングギフトボックス
  • メッセージカード
  • ギフトマナー Q&A

PAGE TOP


LAZY SUSAN Online Shopping

  • Item Category
    • ホームアクセサリー
    • ファッション小物
    • アクセサリー
    • パーソナル小物
    • テーブルウェア
    • コスメグッズ
    • ビューティ
    • フード
    • ベビー
  • Gift Category
    • 誕生日祝い
    • 結婚祝い
    • 出産祝い
    • 記念品
    • 引出物
    • イベントギフト
  • エルエスシーン
  • CampaignBanner
  • Gift for Guests!
  • New Arrival
  • Sale
  • キャンペーン
  • 雑誌掲載
  • ピックアップ
    • イタレッセ
    • アントニアズフラワーズ
    • ラ・ルンピーニ
    • フレデリックカッセル
  • Gift Service