¥6,050 (税込)

「Tempo Drop/テンポドロップ」は、ストームグラスと呼ばれ19世紀に航海士等が使用していた天候予測機です。

樟脳(クスノキのエキス)やエタノール等をガラス菅に密封して作られており、 気温の変化に反応して起きる結晶を観察する事で、航海に役立てられていました。
ジュール・ヴェルヌの小説「海底二万マイル」に出てくるノーチラス号にも設置されています。

気候や天気により変化する結晶の様子を毎日観察して、オブジェとして楽しめるインテリア。

天気が変わる24時間ほど前に液体の中の結晶に変化が見られます。
晴れなら無色透明、または、わずかな結晶は底に沈み液体は透明に。雨の前には結晶が増え、液体の中を浮遊します。台風の前には大きな葉のように広がることも。

気象と内部の変化の関係は解明されておらず、天気を予測するものではありません。

※商品の個体差や状況により、結晶の出方が異なります。気温が高いと結晶が現れにくい場合があります。あらかじめご了承ください。
※差し込み式セットアップ
※製法上ガラスに気泡や黒点などが見られる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【素材】硼珪酸ガラス 台座:ブナ材 混合液:水/エタノール/天然樟脳/塩化アンモニウム/硝酸カリウム
【サイズ】φ11.5 × H20.5 cm (木座込)
【原産国】中国
【商品コード】60621018